出会い系でアダルト掲示板とかに「割り切り」ってゆうワードを使ってる女子がたまにいるね。
タイミングや時間の関係でなかなか女の子に出会えない時ってあると思う。
そうゆう時に、この「割り切り」女子にアタックかけるとちゃんとお金さえあれば、とりあえずセックスはできるんじゃないかな。
ってゆうか、出会い系での「割り切り」は、ほぼセックスしかないんだけどね。
「それって売春?」とかって思う人もいるみたいだけど、どうなんだろうね・・・
売春は法律で禁止されてるけど、大人のしかも個人同士の男女の間でお金が絡んだからって、即「はい、売春」ってのも違う気がするんだけど。

 

この「割り切り」は、女子が超割り切ってるからだいたい1回会うだけの関係でおしまい。
いや、男子も「割り切り」で出会って定期的に会って、その度にお金使うってのもあまり考えられないでしょ?
だから「割り切り」なんだけどね。
この「割り切り」ってワードを女子が使ってきたら、「ああ、そういう意味なんだな」って覚えておいてね。

 

これは余談なんだけど、あたしのセフレも「割り切り」女子と会ったことがあるんだって。
でも、あまりいい思い出が彼には残らなかったみたい。
あたしなんか単純に「セックスしたくて“割り切り”で出会って、ちゃんとやれたんだったらそれでいいんじゃない?」って思うけど、
男子の心理ってゆうのはそういうものでもないらしいのね。
その辺が「男の方がロマンチスト」とかって言われるところなのかな?
別に出会い系だけじゃなくても、覚悟を決めたり割り切ったりするのは、意外と女子の方がハッキリしてるもんね。
だから出会い系を初めて使う初心者には、この「割り切り」女子との出会いは最後の手段にしておくべき、とアドバイスすることにしました。